沢尻エリカ 復帰できるか 無理 今後 どうなる

2月6日に判決を迎える沢尻エリカ。

有罪を受け入れており、女優復帰は考えていませんと告白していた。

沢尻エリカは復帰できるか?

芸能界復帰が無理じゃない理由3つを踏まえて、沢尻エリカの復帰プランや今後どうなるかまとめました。

沢尻エリカは復帰できるか?復帰が無理じゃない理由3つ

沢尻エリカ 復帰できるか 無理 今後 どうなる

「別に・・・」の問題行動で一時は干されまくった沢尻エリカ。

沢尻エリカはなんとか復帰できたものの、再び逮捕で芸能界追放が危ぶまれています。

2020年2月6日は沢尻エリカの初判決の日であり、今後どうなるのか。

もちろん、有罪判決は確定でしょう。

しかし、ピエール瀧がネットフリックス作品で芸能界に復帰したことで、沢尻エリカが復帰できる可能性が濃厚。

理由1:お金を生み出せる沢尻エリカなら復帰できるか?

沢尻エリカ 復帰できるか 無理 今後 どうなる

ネットテレビ×山田孝之作品で復帰プラン!?

そもそも、芸能界も1つのビジネスであり、お金を生み出せるタレントならば再起用はあり得る話です。

特に、沢尻エリカはアンチが多い分、逆に熱狂的なコアファンも多いのが実情です。

やはり、沢尻エリカの作品をもっと観たいと強く希望している人はとても多い。

そのため、世間のバッシングやほとぼりが冷めれば、沢尻エリカが復帰できる確率は高まると言えます。

芸能界は応援してくれているファンの存在で成り立っていますから、沢尻エリカが改心すれば復帰できるはず。

理由2:エイベックスの後ろ盾で沢尻エリカは復帰できるか?

沢尻エリカ 復帰できるか 無理 今後 どうなる

お金を生み出せる女優として、逮捕+有罪判決となった現在も沢尻エリカは価値ある女優。

沢尻エリカ本人が「女優復帰は考えていません」とは述べたものの、所属事務所のエイベックスをはじめ周囲は黙っていません。

実際に、沢尻エリカはエイベックスから解雇されておらず、むしろエイベックス側は沢尻エリカをバックアップしていきたいと強調しています。

沢尻エリカがお金をしっかり生み出せる人気女優であり、なおかつ、エイベックスの資金力と権力をもってすれば復帰は無理ではない話。

沢尻エリカ本人は「女優復帰は考えていません」と初公判で告白しましたが、巨額な違約金や賠償金がある限り芸能界復帰は必至です。

沢尻エリカの実兄は飲食店経営者ですが、莫大な金額の損害賠償を肩代わりできるほどではないでしょう。

沢尻エリカが生き残る道は、エイベックスと再び二人三脚で芸能界復帰を目指すしかない。

理由3:ネットフリックスなどVOD作品なら沢尻エリカは復帰できるか?

沢尻エリカ 復帰できるか 無理 今後 どうなる

ピエール瀧が今回、芸能界に復帰しやすかったのはVOD作品が大きな理由の1つです。

ネットフリックスなどのVOD作品の場合は、テレビ視聴とは異なり、視聴者側が観たい作品を選べれます。

そのため、テレビや映画とは異なり、自由なアイディアで映像作品を制作できるのが強みです。

また、ピエール瀧が今回復帰できたのは、俳優・山田孝之との親交が厚かったことも大きな理由でした。

ピエール瀧の復帰作品「ゾッキ」は、山田孝之が監督+プロデューサーとして名を連ねています。

沢尻エリカもドラマ版「タイヨウのうた」で山田孝之と共演していますし、ピエール瀧と同じパターンで沢尻エリカも復帰できる可能性が高い。

元スマップの新しい地図など、一度はテレビ芸能界から追放された芸能人たちの多くが、最初に活路を見出したのがネットフリックスやAbemaTV(アベマTV)です。

草なぎ剛+香取慎吾+稲垣吾郎もネットテレビを皮切りに仕事を増やしていき、2019年大晦日には日テレ「笑ってはいけない」で地上波に見事復帰できました。

宮迫博之も芸能界引退に危ぶまれていた中、YouTuberとして復帰できました。

沢尻エリカもネットフリックスなどのVOD作品だったり、YouTuberとしてだったり、復帰できるプランはかなり幅広いです。

沢尻エリカは復帰できるか?今後どうなるか?

沢尻エリカ 復帰できるか 無理 今後 どうなる

最終的に、沢尻エリカが復帰できるかどうかは、沢尻エリカ本人の姿勢が大切であることは確かです。

今回は初犯の沢尻エリカであり、2度目の失態なら許されないでしょうが、1回目は世間も許す方向に動くでしょう。

初犯だったピエール瀧がほんの11ヶ月で復帰できたように、沢尻エリカも1年以内に芸能界復帰ができる見通しが強い。

沢尻エリカの芸能界復帰をふくめ、今後どうなるかはネットテレビの力が大きく左右します。

今後の沢尻エリカを支えるエイベックス側が打ち出す復帰プランとしては、以下が今後の展開として予想されます。

  1. ネットフリックスやAbemeTV(アベマTV)といった自由度の高いVOD作品から徐々に復帰する。
  2. 世間からの意見を様子見しながら、地上波での芸能界復帰も視野に入ってくる。
  3. たとえ上記のプランが難しくても、沢尻エリカがYouTuberとして活動をしていく。

といった流れで、沢尻エリカの芸能界復帰は無理ではない。

特に、自由に発信できるインターネットが心強く、沢尻エリカが復帰できる理由の最有力となり得そうです。

 

沢尻エリカの直筆謝罪文。

▼ 字が下手すぎて話題 ▼