マット 歌 うまい 上手い Mステ 歌唱力 歌声 美声 YouTube 動画

2020年1月17日(金曜日)放送のMステでMatt(マット)が初登場!

前評判通り、マットは歌がうまいし、歌声も美声で感動的。

↓こちらが実際のMステでのマットの歌唱力です【YouTube動画+Twitter動画】。

メチャクチャ上手ですよね!

今回のマットが披露した演奏曲名「予想もつかないストーリー」は、すでにYouTube動画で70万回以上も再生されています。

そのマットの歌唱力について世間の評価をまとめました!

【新型コロナまとめ】→ 感染者数の分布図マップ集

Matt(マット)は歌うまい!今日のMステ初出演!

奇抜なお人形メイクで一気に有名になったMatt(マット)。

また、元メジャーリーガーの桑田真澄の次男ということもあり、ぽっと出のタレントだと思っていた人も多いことでしょう。

しかし、蓋を開けてみれば、マットは音楽の才能もバツグンであることが判明しました。

↑マットのYouTube公式チャンネルで聴いてみれば、100人中100人がマットの歌声に魅了されるはずです。

わたしは何度もリピート再生していますし、マットの歌手デビュー曲「予想もつかないStory」のYouTube動画はすでに60万回も再生されていますね。

【新型コロナまとめ】→ 感染者数の分布図マップ集

【Mステ】マットの歌唱力がすごい!歌声が美声すぎる!

マット 歌 うまい 上手い Mステ 歌唱力 歌声 美声 YouTube 動画

そして、マットのYouTube動画のコメント欄を覗いてみると、

\マットの歌唱力が絶賛の嵐/

  • ぶっちゃけ、マットは好みじゃなかったけど、この歌唱力+美声の歌声にゾッコンLOVEです。
  • 歌い方がピュアで真っ直ぐなところが素敵。
  • 歌声が美しすぎる!!
  • 低音域はイケボ、高音域は美しい裏声で神レベル。
  • 東方神起と似てるところが良い。
  • “予想もつかないStory” であり、”予想もつかない歌唱力” なマット。
  • 父親のネームバリューだけの芸能人かと思いきや、ガチで凄かったマットに陳謝。
  • メイクも得意なMattだけに、ニベアのCMとも合いそう。

といった「マットの歌唱力が凄い!」「歌が本当に上手い!」という意見がズラリ。

やはり、マットは歌がうまい!

しかも、作詞作曲さえもマット自身が行っていて、歌が上手いだけではないことも驚愕です。

奇抜なビジュアルのメイクだけの芸能人かと思いきや、しっかりとアーティストとしての実力を兼ね備えるマットは恐るべし逸材。

しかも、今日のMステで初めてその歌声を全国に届けたマットですが、生放送で前評判通りの美声を発揮できていましたね。

マットはインスタなどで加工したメイク画像をUPしていますし、YouTube動画として投稿された「予想もつかないストーリー」と実際の生歌の間に違いがあるのかどうかが気になります。

とは言え、後でも書きますが、マットは幼少期からピアノやサックスの演奏をやっていました。

そのため、実際の歌声は加工されておらず、本当に綺麗な美声である可能性が高いでしょう。

【新型コロナまとめ】→ 感染者数の分布図マップ集

マットが歌上手い理由はなぜ?幼少期から音楽が大好きだった!

マット 歌 うまい 上手い Mステ 歌唱力 歌声 美声 YouTube 動画

最後に、なぜマットがこれほどまでに歌がうまいのか??

その理由は先ほども紹介しましたが、マットは幼い頃からピアノやサックスを嗜んでいました。

しかも、マットがピアノに興味を持ったキッカケは、父親である桑田真澄(元メジャーリーガーのピッチャー)が負傷した肘のリハビリのためにピアノを弾いていたこと。

さらに、マットの音楽熱は中学生時代に加熱し、ドラムやフルート、アルトサックスなどの楽器も触るようになりました。

極めつけは、高校生になってからは吹奏楽部の部長を務め、第52回東京都高等学校吹奏楽コンクールでは金賞を受賞するほど。

そして、大学では桜美林大学の芸術文化学群・音楽専修でした。

このように、マットは突飛なメイク術の芸能人ではなく、音楽の実力とセンスの塊だと言えます。

そのため、いきなり歌手デビューを果たし、制作した楽曲も神がかったクオリティーなのです。

もちろん、大学1年生の頃にマットがブライダルモデルのお仕事をGETできたのは、親の七光りかもしれません。

しかし、その第一歩からは、マット自身の努力と実力でここまでのスターダムを駆け上がったと言えます。

親の七光りタレントが横行する芸能界ですが、マットは本物の芸能達者といっても過言はないでしょう。

ぜひ、今後もマットのミュージシャン活動を応援していきましょう!

【新型コロナまとめ】→ 感染者数の分布図マップ集