鍵山正和 脳梗塞 杖 左手 麻痺 病気 鍵山優真 父親 コーチ

全日本フィギュアスケート男子の新星スター「鍵山優真(かぎやまゆうま)」。

鍵山優真の父親である「鍵山正和(かぎやままさかず)」は脳梗塞や左手麻痺なのか、画像で検証してみました。

鍵山正和が杖を使う理由はなぜか、病気や怪我の後遺症が原因かもしれません。

鍵山優真の父親であり、コーチでもある鍵山正和の真相をまとめました。

鍵山正和は脳梗塞?杖(ステッキ)の必要性は確定【画像で検証】

鍵山正和 脳梗塞 杖 左手 麻痺 病気 鍵山優真 父親 コーチ

2020年五輪オリンピックユース(16歳以下の年齢制限)の大会で、見事に優勝を飾った鍵山優真選手。

鍵山優真の父親であり、コーチでもあるのが同じく元フィギュアスケート選手の鍵山正和さん。

その鍵山正和さんは常に杖を持ち歩いています。

鍵山正和さんの杖は、必ず右手側に置かれていますね。

鍵山正和 脳梗塞 杖 左手 麻痺 病気 鍵山優真 父親 コーチ

鍵山優真選手が大ブレイクしてからは、父・鍵山正和さんのメディア露出も増え、毎度のごとく杖を肌身離さず持ち歩く姿が印象的ですよね。

そして、杖だけでなく、鍵山正和さんは左手を強く握りしめているシーンも多いです。

不自然なほど力強く握った左拳をみて、「ひょっとすると、鍵山正和さんは左手が麻痺しているのでは」と思うテレビ視聴者も増えてきました。

鍵山正和さんの左半身全体が麻痺気味かもしれず、それが理由で杖をいつも持ち歩いている可能性も感じます。

鍵山優真の父親=鍵山正和さんが杖を使っている理由は、脳梗塞で左半身もしくは左手だけが後遺症で麻痺しているのかもと予想する人はけっこういます。

鍵山正和 脳梗塞 杖 左手 麻痺 病気 鍵山優真 父親 コーチ

ただし、鍵山正和さんは絶対に左手を握りしめているワケではなく、時々、左手を開いているケースもあります。

↑こちらの画像のように、鍵山正和さんが右拳を左手で包んでいる写真もあります。

鍵山優真の父親・鍵山正和さんが麻痺かどうかは、いまだ決定的な証拠はありません。

とは言え、49歳という若さで杖をついているので、鍵山正和さんの左半身側が不自由であることは確定的です。

鍵山正和は脳梗塞で麻痺(左手や左半身)?病気や怪我の後遺症の説もある。

鍵山正和 脳梗塞 杖 左手 麻痺 病気 鍵山優真 父親 コーチ

もちろん、鍵山正和さんが過去に脳梗塞などで倒れて、左半身に麻痺の障害が残った可能性も高いかと思います。

でも、鍵山優真選手と同じく、父親・正和さんもオリンピック選手だったので、フィギュアスケートで足を酷使し過ぎていたはず。

つまり、現役時代に膝や足首を摩耗してしまっていたり、実は大怪我をしていて後遺症が残っていたり。

脳梗塞などの病気ではなく、選手生活によって鍵山正和さんの左半身側が不自由になった可能性も否定はできません。

鍵山正和 脳梗塞 杖 左手 麻痺 病気 鍵山優真 父親 コーチ

鍵山正和さんは現役時代、ヒザや足首の柔らかさに定評があり、そのスケーティングや演技が高評価を得ていました。

現在のフィギュアスケートでは、トリプルアクセル等のジャンプ系の技がもてはやされがちです。

鍵山正和さんはジャンプ技が得意ではなかったのですが、その理由はもしかすると、左膝や左足首が弱かったからかもしれませんね。

そのため、選手時代に左半身を痛めやすく、その後遺症で現在の鍵山正和さんは杖が必要になったのかもしれません。

鍵山優真の父親であり、コーチでもある鍵山正和の脳梗塞や左手麻痺の病気。

鍵山正和 脳梗塞 杖 左手 麻痺 病気 鍵山優真 父親 コーチ

以上のように、鍵山優真の父親であり、コーチでもある鍵山正和さんの杖の理由がとても気になります。

今のところ、過去に鍵山正和さん本人の口から「なぜ杖が必要なのか」その理由は語られていません。

そこで、「鍵山正和さんは脳梗塞で左半身に麻痺が残った」「鍵山正和さんは現役時代に左足を痛めてしまった」などの原因を考察してみました。

正解はわからず終いですが、右手で杖をいつも使っていることから、鍵山正和さんの左半身に何かしらの障害や病気があるのは確実です。

今後の日本男子フィギュアスケート界を背負っていく鍵山優真選手の指導者としても、父親としても、愛と情熱で支えていって欲しいですね。

 

▼ 鍵山優真の可愛い画像+動画 ▼